病気の重症化を防ぐために

診察

自己診断で心の状態を知る

今や、うつ病はけして珍しい病気とは言えず、きっかけがあれば誰しもがかかる、身近な病気となってきました。しかし、病気の症状には個人差があり、自分では判断しづらい面もあるため、自己チェックシートや心療内科での診察が必要不可欠となってきます。なかなか病院に行けない人や、「本当にうつ病なのか」と不安に感じる人は、ネットで簡単に検索できる「自己チェックシート」の活用をおすすめします。シートには「夜はじっくり眠れますか」や「騒音が気になりますか」など、いくつかの項目が載っており、当てはまる項目とその頻度で病気を判断します。シートを印刷することも可能なので、「うつ病」と診断された人は、検査結果を持って病院の診察を受けることも可能です。また、近所の心療内科や精神科の検索が可能なサイトもあるので、通院しやすい病院を探してチェックシートの結果を電話で伝えてから診察を予約すると安心です。こころの病気の診察では、問診以外にも血液検査や尿検査を行い、その他の情報と合わせて判断することもよくあります。そのため、病院の初診で詳細に検査を行い、すべての情報を総合して、患者の病気の種類を診断してから治療方法を考えていきます。ストレスや身近な人の死がきっかけとなって発症するうつ病ですが、残念ながら「これをすれば絶対に予防できる」というものはありません。しかし、うつ病に早く気付くことで重症化を防げるため、心療内科のチェックシートを利用するなどして気に掛けておくことが大切です。予防が難しいと言われるうつ病ですが、病気の予防や重症化を防ぐと言われている行為が二つ報告されています。一つ目は、「なるべく仕事や家庭でのストレスを無くして、穏やかな気持ちで日常生活を送る」ように努めることです。社会では難しいことかもしれませんが、職種や職場を選んで自分がストレスフリーで過ごせる場所を確保することが大切です。そのためにも、職場の上司や同僚に病気のことを理解してもらい、便宜を図ってもらうなどして温かく見守ってもらうことが大切です。二つ目は、「無理にでも、なるべく笑って過ごす」ことを心がけ、ネガティブな感情を持たないように工夫していくことです。「笑う」という行為には、脳内の神経伝達物質の分泌を正常にする力があると言われており、それは作り笑いでも効果があると言われています。家族の中にうつ病患者がいる人は、常に心の状態をチェックして、笑いが出るような環境を作っていくことが大切です。