栄養素をきちんと取ろう

病院

鬱による病の種類

うつ病を薬で治療しようと頑張っていても、なかなか治らない方は並行して栄養を豊富に取るようにしましょう。野菜、肉、魚の食材を偏り無く、バランス良く取るようにして下さい。普段から食事が偏りがちな方はチェックしてみて下さい。自分の食生活をチェックしてみると、意外と栄養素が欠けていることが多いのです。うつ病の方の原因の一つに、脳への栄養が不十分であることがわかっています。特にタンパク質やビタミン、ミネラルは大事な栄養素です。なので、普段の食事で取るのが難しいようであればお医者さんと相談して、サプリメントを取り入れるようにしましょう。また栄養足りないと脳だけでなく、内臓にも影響が及びます。この場合、栄養を取ってもうまく吸収されないことがあります。それにより、何となく体がだるかったり、起き上がれなかったりする症状が出てくるのです。その場合は漢方で本来の体の機能を戻していくという方法もあります。漢方は、従来の向精神薬よりも副作用はほとんどありませんので、体にも優しいです。栄養を豊富に取り、体の機能を正常に戻す漢方で体調を整えていくことが、うつ病克服の一つです。成果はすぐに出るわけではないので、根気よく、そして自分を労りながら治療に臨みましょう。この病にも種類があります。貴方はどんな種類に当てはまるかチェックしてみて下さい。一つ目は、元々の性格や気質からくる内因性のうつ病です。これは、本来の性格や考え方が繊細だったり、他人を気にしすぎたりする人が、環境やストレスによって発症するタイプの病です。身体症状も出やすいので、診断がつきやすいです。またこの内因性は、2つ種類があり、単極性(ずっと繰り返すうつ病)と、双極性(明るかったり鬱になったりを繰り返すうつ病)に分かれます。双極性は別名躁うつ病とも言われています。これとは対照的に一時的なショックにより、ひどい憂鬱のような状態になることを、反応性うつ病といいます。また普段から落ち込みやすく、小さなことをずっと気にしてしまうことを神経症性抑うつといいます。自分がもしかしたら精神の病じゃないかと感じた時には、どのタイプに当てはまる可能性があるのかチェックしてみるといいでしょう。より具体的に知るための、セルフチェックの医療サイトもあります。診断結果が高ければ最寄りの心療内科に行って、適切な治療を受けることをお勧めします。

医者

まずは理解すること

うつ病かもしれない、こうした病態のチェックリストに自分の症状が当てはまるならば、早めに医療機関に相談することを勧めます。性格上、どうしても受診できなければ、周りに助けを求めることで、サポートを受けることもできます。

診察

病気の重症化を防ぐために

うつ病を簡易的に診断するチェックシートを利用し、その結果を持って近くの心療内科や精神科を受診することが可能です。また、うつ病の重症化の予防のために、ストレスをなくす生活を心がけて、一日数回、意識的に笑うことをおすすめします。

女性

最初は休むことが重要です

うつ病になると無気力になったりするため、仕事などができなくなったなどの変化をチェックすることが早期発見に役立ちます。一度で完治することは難しいため、治療は徐々に進められます。制度を利用すれば費用を減らせられるため、活用するのがオススメです。

看護師

会話における留意点

叱咤激励の言葉は禁句ですから、うつ病の人と話す時は、心の中でチェックしてから発言するようにしましょう。基本的にうつ病は脳の病気でもありますが、現在では脳内血流を調べてうつ病をチェックできる光トポグラフィーという検査が可能になっています。

ハート

重要視される理由

喜びの喪失や抑うつ気分の継続期間は、うつ病と関連性が強いため、うつ病のチェックでも注目ポイントになっています。そして優良病院を探す時は、ストレスなく話せる病院を選ぶほか、自分のうつ病に合った専門医が在籍する病院を選びましょう。

人気記事

医者

まずは理解すること

うつ病かもしれない、こうした病態のチェックリストに自分の症状が当てはまるならば、早めに医療機関に相談することを勧めます。性格上、どうしても受診できなければ、周りに助けを求めることで、サポートを受けることもできます。

診察

病気の重症化を防ぐために

うつ病を簡易的に診断するチェックシートを利用し、その結果を持って近くの心療内科や精神科を受診することが可能です。また、うつ病の重症化の予防のために、ストレスをなくす生活を心がけて、一日数回、意識的に笑うことをおすすめします。

女性

最初は休むことが重要です

うつ病になると無気力になったりするため、仕事などができなくなったなどの変化をチェックすることが早期発見に役立ちます。一度で完治することは難しいため、治療は徐々に進められます。制度を利用すれば費用を減らせられるため、活用するのがオススメです。

看護師

会話における留意点

叱咤激励の言葉は禁句ですから、うつ病の人と話す時は、心の中でチェックしてから発言するようにしましょう。基本的にうつ病は脳の病気でもありますが、現在では脳内血流を調べてうつ病をチェックできる光トポグラフィーという検査が可能になっています。